◆私の愛用品たち◆
https://room.rakuten.co.jp/sunnyside_julie/items

Open

ジャズ詞と私ーMy Heart Belongs To Daddy

(M)

Theme: “大人なら” Jazz”

 

今日の歌は怪しくも羨ましい

My Heart Belongs To Daddy

のお話です。

概要

”My Heart Belongs To Daddy”は 1938 年、

コール・ポーターにより

ミュージカル “Leave it to me!”のために書かれたものです。

 

のちのマリリン・モンローの歌唱とパフォーマンスが

有名ではありますが、

私はジュリー・ロンドンのハスキーな歌声に魅せられて

自分でも歌うようになりました。

ライブではノリの良いSwingから切り替えて、グッとセクシーな空気にしたい時にぴったりです。

 

モンローの動画を見ればすぐに納得ですが

(下にリンク貼っておきますね)

この”Daddy”はただの Daddy ではなくて

”Sugar Daddy” =パパ、パトロンね、もちろん。

夜、ベンツでマンションに来てお小遣いくれる方の「パパ」です(笑)。

 

歌の内容は

『あたし、いろんな男の子にちょっかいかけたり

かけられたりするかもだけど、最後まではダメよ

だってあたしの心はパパのものだから』

というおじさんの大好物、”小悪魔”の歌ですね。

 

なんせ元となっているミュージカルの中で、ヒロインのDollyは

(書き直されたモンロー版の歌詞では

“My name is Lolita”と言っていますが)

駅のホームで毛皮の下に何もつけずに踊りだしちゃうような

奔放…ってかアブナい女。

日本だと「痴人の愛」のナオミか?

 

動画も是非見てみて下さい

まずはマリリン・モンロー

 

そしてジュリー・ロンドン版

 

私は6拍子で歌うのが好きです。

ちょっとソワソワさせられるようなリズムがこの曲の

小悪魔的な雰囲気に合うんですよね。

あとは出だしで低音を利かせたいので、低めのキーで歌っています。

 

兎にも角にもこの曲は

思いっきり声色を使ってセクシーに歌ってくださいね♥

 

私もSugar Daddy欲しい~

 

※このテーマでは歌詞(英・日共)は

著作権保護のため、適正な引用のみに留めております。

どうぞご了承下さいませ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました