◆私の愛用品たち◆
https://room.rakuten.co.jp/sunnyside_julie/items

Open

消えた歌、生まれた歌。

Jazz

こんにちは

今日も私のブログを訪ねて下さってありがとうございます。

 

前回アップしました

『最も多く録音・演奏されているヴォーカルジャズ曲100ーIn USA』

は沢山見て頂きありがとうございました。

リスト関係の記事は適宜アップデートして参りますのでまたご参照・ご活用頂けますと幸いです。

 

て、私事ですが

2年前にジャズシンガーを引退(大袈裟っスが他にいい言葉がないっス)してから

折に触れて

「またいつ歌うの?」

「スペシャルライブで限定的でもいいので復活しませんか?」

等など嬉しいお声かけを頂くのですが

本人は全くハレバレと自由を満喫しておりまして、歌えないことに飢餓感とか寂しさもなく日々過ごしておりました。

 

が、先日とある事件があって色々と思うところがあり、もしかしたら再びまたステージに戻るかもしれません。

それこそ限定的にですが。

大仁田の有刺鉄線電流爆撃カムバック試合か!

 

大仁田はいいとして…

そのため『これからも本当に歌いたい曲だけをリストアップして下さい』というオーダーが発生し、200曲ほどあったレパートリーを見直しました。

 

すると残ったのあは予想をはるかに下回る40曲のみ!

消える消える名曲たち(笑)。

 

あっさり消えた例:

You’d Be So Nice to Come Home To

Lullaby of Birdland

L-O-V-E

Fly Me to The Moon

Smile

Bye Bye Blackbird

などなど。

 

代わりに「本当に歌いたい曲」として残ったものには

クセのあるジャズやコンテンポラリーなジャズやポップス、日本の名曲がたくさんありました。

 

例:

Dat Dare

Human Nature (Michael Jackson)

Lady Wants to Know (Michael Franks)

Love Squall (From ルパン三世)

Shape of My Heart (Sting)

とまどうペリカン(井上陽水)

などなどです。

 

そうしてリストが仕上がり、YouTubeのリンクを貼るためにこれら40曲を全て聞き直していたら

なぜか俺の目にジワ~っと涙が滲んできた。

 

今まで当たり前のようにずらずらと並べていたレパートリーの中から

本当に好きで歌いたい曲たちが浮かび上がって来た途端、言葉にできない感情がこみあげてきてしまったんですね。

 

それはまるで「あなたはこれでいいんだよ」と誰かがハグしてくれたような今まで味わったことのない感覚で、予想もしなかった感動でした。

 

これらの曲を再び愛し、完全に魂を通わせることができたら

その時私は多分また歌うのだと思います。

 

それがすぐなのか随分先なのか私にもわかりませんが

この不思議に満たされた気持ちが今、私を動かそうとしているのは確かです。

 

また良いお知らせができれば幸いです。

 

Julie Naoko

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました