◆私の愛用品たち◆
https://room.rakuten.co.jp/sunnyside_julie/items

Open

オリジナル通りに演奏する、ということ

Jazz

こんにちは

今日も私のブログを訪ねてくださってありがとうございます。

 

以前一緒にスタジオに入ったとあるプレイヤー(プロではない方)が私の譜面を見て、

「このイントロに必然性を感じないのでやらなくていいか?」

とか

「この間奏はこの通り弾かなくてもいいんじゃないか?」

などと何回か言ったので俺は唖然として

岡田監督のように「いやいや」と制した。

タイガー・ジェット・シンのようにサーベルを振りかざした。

 

 

要は”難しくて弾けない”、ということだったようだが

わざわざアレンジされた楽曲なんだから必然性はあるだろ…

 

似た話として、

私はライブでお客様からのリクエストには、なるべく平凡でありがちなイントロ、テンポ、リズムで歌うことを心がけていました。

例えば   “You’d Be So Nice to Come Home To” だったら、ヘレン・メリルのあのイントロで良いんです。「で」というより「が」。

 

というのも

リクエストをされるお客様はオリジナル(or ヒットしたバージョン)に近い演奏を聴きたいわけで、

その場で突飛なアレンジを施す必要はないのです。

 

 

指示された通りにやる、ということに抵抗を感じたら2回に1回はオリジナル(or スタンダードな)スタイルにアプローチしてみる、ということは意外に重要なのです。

 

あれ、この前もこんな話したなぁ??

 

See you next time!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました